クリスマスプレゼントにレゴブロック

クリスマスプレゼントにレゴブロック人気ランキング

クリスマスプレゼントにはレゴ・人気のレゴブロックランキング!

 子供に贈るクリスマスプレゼントには、創造力を育む知育おもちゃ
レゴブロックが人気です!
しかもクリスマスプレゼントにレゴを買うなら、
配送の早いアマゾンが断然おすすめ!

クリスマスプレゼントレゴブロック

我が家の息子は5歳からレゴブロックにハマり、12歳の今まではすっかりレゴマニアです。

 

 

クリスマスには毎年のように、スターウォーズシリーズや、レゴテクニック、
レゴキャッスルなど、その時々で欲しがるレゴブロックをプレゼントしてきました。
おかげで我が家にはレゴブロックがあふれかえっていますが(笑)、
その代わりに、息子の知的好奇心や知的探究心を満たすことが
できたのではないかと思います。

 

 

それなら家の中が散らかっていてもいいのではないか、
と割り切っています。
(トップページヘッダーのレゴは、息子が小5の時に作ったレゴの町です。
彼の想像力を生かして?部屋いっぱいに広げて作りました。)

 

 

レゴはアイデア次第で、設計図以外のものが何でも作れるというところが、
魅力の一つです。
作っては壊して、様々な形のプチプチブロックを組み合わせ、
また違うものを作る。
その繰り返しの中で、創造力や手先の器用さ、
図形や立体に対する感覚などが自然と養われるので、
学校の勉強にも大いに役立つと思います。
最初はレゴの設計図通り小さなものから作り始め、
慣れてきたら、いろいろなタイプのレゴに挑戦していくといいですよ。

 

 

Amazonお急ぎ便なら、直前のご注文でも12月24日までにお届け!

 

レゴ クリエイター・ファミリーハウス 31012


レゴ (R) ブロックのファミリーハウスは、 裏庭でバーベキューを楽しんだり、暖炉から伸びたえんとつを押すと、家の中のシャンデリアが点いたりと楽しい工夫がいっぱい。
男性と女性のミニフィギュアとライブロック付き。ピース数:756ピース。対象年齢 :8歳から。

 

詳細はこちら⇒レゴ クリエイター・ファミリーハウス 31012

 

レゴ 基本セット 青のコンテナスーパーデラックス 5508
 


レゴブロック遊びのスターターセット。車輪や窓、ドア、2体のミニフィギュアなどのスペシャルパーツが入って、レゴブロックを存分に楽しむことができます。
豪華な収納ボックスの他、ブロックはずし、組み立て説明とヒントの書かれた説明書付き。対象年齢4歳から。

 

詳細はこちら⇒レゴ 基本セット 青のコンテナスーパーデラックス 5508

 

レゴ フレンズ ラブリーハウス 3315


オリビアの家族が住んでいるラブリーハウスは、部屋ごとかんたんに組みかえができます。
自分だけのオリジナルハウスが作れます。オリビア、パパ、ママのミニドールフィギュア付き。対象年齢6歳から12歳。

 

詳細はこちら⇒レゴ フレンズ ラブリーハウス 3315

 

レゴ 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616


レゴ基本ブロック、ドア、窓、タイヤや花などの入った部品のセットです。
遊んだあとは楽しくお片づけができるバケツ入りです。作り方のアイデアが載った組み立て説明リーフレットとブロックはずし付。
<セット内容>ピース数428。対象年齢3歳以上。

 

詳細はこちら⇒レゴ 基本セット 赤いバケツ (ブロックはずし付き) 7616

 

レゴ チーマ 正義のライオン神殿 70010


レゴチーマシリーズ、正義のライオン神殿でチ (気) をめぐる壮大なバトル。
ライオン族とイーグル族はバトルをせいして、チーマのバランスを保つことができるか?
7体のミニフィギュアと武器付き:ラグラビス、ラバル、ロングトゥース、エワルド、クラッガー、クロウリー、ラザール。

 

詳細はこちら⇒レゴ チーマ 正義のライオン神殿 70010

 

,big>その他の人気のレゴ商品一覧はこちらは

 

レゴブロックの魅力について

 

レゴ認定ビルダー・三井淳平さんをご存知でしょうか?
東大レゴ部を創設した、伝説の東大出身者のおひとりですが、
彼もまた幼少期からレゴブロックに親しんできたそうです。

 

 

三井さんがレゴで作った特大サイズの「パンダ」や「ドラえもん」、
圧巻ですよね〜
東大生でレゴが子供のころから大好き、という人は多く、
レゴ部入部を目指して東大を狙う学生もいるほど。
レゴで遊ぶと頭がよくなるって、やはり本当のようです…
東京大学のほかに、京都大学、明治大学、
小中学校など6000校でレゴは学習目的を中心に
採用されているというから、驚きですね〜

 

 

つい数年前まで倒産寸前だったレゴ社。
なぜ近年V字復活を遂げたかというと、中国で教育用教材として
「レゴマインドストーム」が爆発的に売れたことがきっかけとなっています。

 

 

日本でも企業の研修や宇宙飛行士の選抜試験に取り入れられ、
レゴで養われる思考力や創造力、問題解決能力が求められるようになってきたのでしょう。
さらに数年後、レゴで育った若者たちが社会で企業で
重用される本格的な時代になっているかもしれません。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ